コレクション: 澄川酒造場(山口)

SUMIKAWA SAKE BREWERY Inc.

萩の米、水、人、時間がシンフォニーを奏でる、『稲をくぐり抜けた水』

1921年(大正10年)、米問屋だった澄川家が親戚筋の酒蔵を引き受けて創業してより、初代が亡き妻を偲んで名付けた「東洋美人」の一銘柄のみで日本酒造りに挑んでいおります。

『王道の日本酒造り』 奇をてらわず、美味しさと品質両面で100%の酒を造ることを志して酒を醸します。お米の丸み、甘み、旨みを感じる、日本人のDNAに響く日本酒造りにこだわり、また日本酒を飲んだことのない人にも親しんでもらえるような「華」のある仕上がりを意識しています。

大水害で、蔵の1階部分が流され、廃業の危機に立つ。

2013年7月末、萩市を襲った集中豪雨によって、酒蔵は床上浸水、蒸し器などの機械は使用不可、冷蔵庫に瓶貯蔵していた1万本以上の日本酒がながされるなど壊滅的な被害を被りました。

しかし、被災を知った1500人以上の仲間が復旧作業に加わり、もう製造は出来ないと言われた酒蔵が奇跡の復活を果たすこととなりました。

2014年に地上3階建ての新酒蔵を建設。最新の機械や技術を搭載しつつ、無数の経験で積み重ねて発揮される「感性」を掛け合わせることで、酒質を新たな領域へと引き上げるとともに、酒造りの文化を継承しています。


澄川宜史が第4代目蔵元杜氏に就任。
2021年で創業100年を迎えた澄川酒造場。
澄川宜史氏が4代目蔵元杜氏になってからの日本酒造りのこだわりは他の追随を許さず、廃業の危機を考えた大災害に見舞われても、仲間と一緒に新たな一歩を踏み出しました。澄川酒造場と東洋美人は、継承と革新を掛け合わせながら、これからも進化し続けます。
https://toyobijin.jp/img/movie.mp4